【RPA】とは?―「RPA効果測定 オンライン診断」受付中!《無料》

2020/07/02



RPA(Robotic Process Automation)とは?


「RPA」とは、ロボットによる「オフィス業務自動化」への取り組みのこと。

「デジタルレイバー(Digital Labor)」や「仮想知的労働者」とも呼ばれ、画面上でアプリケーションやシステム画面を識別、人間と同じように操作を行うロボット(=ソフトウェア )によって実現されています。

人間の業務手順をRPAの操作管理画面上から登録するだけで、インターネット(ブラウザ)やクラウドサービスなど様々なプログラムを横断的に自動処理することが可能となり、劇的な業務効率化を実現します。

RPAによるオフィス業務の自動化は、操作手順やルーチン化された事務処理や、書類が多い金融業や人事労務部門などの定型業務に導入されてきましたが、最近では中小企業を含む製造業でも成功した導入事例があります。





今こそ、RPAを始める【最高のタイミング】

古くはオフィスへのパソコン導入……。

最近では、様々なクラウドサービスやスマートフォンの普及により「業務管理」が大幅に楽になったのは確かですが、なかなか「業務効率化」が進まないのも現実です。

昨今の人材募集難による 「人手不足」「働き方改革」による残業規制と課題が山積するなか、どのように生産性をあげ業務効率化を進めればよいのでしょうか?

そんな経営者や管理職、そして実際に業務に関わるご担当の方へのソリューションの1つが【RPA(アール・ピー・エー)】すなわち「ロボティクス・プロセス・オートメーション[Robotic Process Automation] 」です。


「ロボットと働くなんて映画の世界……」


だなんて声が聞こえてきそうですが、工場では、昔手作業だった加工をロボットが行うことは既に当たり前の世界になっています。

それが遂に、オフィスでもロボットが活躍する時代になったのです。

もちろん、ロボットといっても手足があって……
いう モノではありません!(笑)

それは、毎月変わらない「事務作業」などの面倒なルーチン業務を自動で行ってくれるプログラムです。

 「今日は、また 面倒なアノ作業 かぁ……」
 「残業代を減らせ! と会社から言われて困っている……」
 「人材募集しても応募が来ない! と悩んでいる……」


と気が重いというあなたに、是非【RPA】をお奨めします。





コロナウイルスの影響もあり、業種や業種を問わずかなり難しい状況が続いています。

その反面、手放しで喜ぶべきはありませんが「オンライン会議」「リモートワーク」など一部のIT業界は活況です。

様々な専門家の意見がありますが、コロナウイルスの影響はまだまだ続くと考えるならば、ヒトが会社に行かない「リモートワーク」「在宅勤務」 は、今よりももっと当たり前になります。

そして、この流れは「RPA」すなわち 「デジタルレイバー」といわれるロボットプログラムが事務処理などのルーチンワークをこなす時代へと繋がっています。

今は、とても大変な時期であることは間違いありません。
けれども見方を変えれば、窮状をチャンスと捉え、会社一丸となって「業務効率化」を推進する【最高のタイミング】でもあります。

でも、実はコロナ禍では注目を集めているリモートワークですが、それでは業務効率化はできません。

確かに、通勤時間や交通費削減など数多くのメリットがありますが、その人自体がする仕事の内容に大きな変化がないからです。

しかも新たな業務管理の仕組みや慣れが必要になる……というコストアップの要因さえもあります。

業務効率化を進めるうえで、一番オススメなのが「RPA」なんです。







これまで、色々な業務管理ソフトやkintoneを活用した仕事の仕組みを提案してきましたがRPAには【たくさんのメリット】があります。

ロボットが自動的に仕事を終えてくれるということ。

大げさにいえば一回設定するだけで、その仕事をあなたが一生しなくてよくなるということです。

RPAというのは、要するにロボットが代わりに仕事をしてくれる技術なわけです。

RPAは、手順が決まっている単純な定型業務が得意分野です。

例えば…

・請求書や経費の処理
・発注 / 納品処理


などでも多くの成功事例があります。

また、RPAを活用することで、 定型的なメールであれば事前に設定した内容を返信することが可能になり…

・電話やメール対応
・サポート業務の効率化


をした事例もあります。

そして、RPAは定型的な反復処理を得意とするため、データの収集・分析業務に活用することも可能です。

なかなかイメージがつきづらいかもしれませんが、煩雑な作業もRPAを活用すれば自動処理によって仕事する時間の短縮が可能になります。

しかも、それがたった一回設定するだけでよいのです。





あなたの困りごとは誰かのビジネス……
という言葉通り、世の中には多種多様なビジネスがあり、それはIT業界も例外ではなく、色々なサービスがあります。

ただ、その多くは「人が効率よく働くことを念頭」に開発されたものです。

人がやらなくてもいいことはロボットがする……
これは工場を見ればわかることですが、ロボットの需要は増すばかりです。

さらに「AI(人工知能)」の発展と普及が進むと、所謂ホワイトカラーの世界でもロボットが仕事をすることが常識になります。

しかも、何度もいいますが一度設定してしまえば、あなたはその仕事を一生しなくてよくなるのです。
本来、やりたい仕事に集中することも、有給休暇をとって旅行に行くこともできます。

そんなメリットがあるRPAですが、デメリットがあります。

それは、多くの成功事例、失敗事例を体験してきた専門家の助けがないと、なかなか上手くいかない……ということです。

よくRPAの世界では……

「RPAは、かえって面倒で人の手でやった方が速いよ!」
「RPAは、結構むずかしいんだよね」


という導入に失敗した事例の話がでてきます。

確かに、RPAで全ての仕事が自動化できるというほど完璧ではありません。
また、昔のシステムは使いづらかったのも事実でしょう。

けれども、技術革新の勢いは、今後も増すばかりです。

超大手企業向けの話だろう思うかもしれませんが、どうしても人的資源が不足しがちな中小企業だからこそRPAに取り組まなければいけないのです。





私がご相談にのります!

熊谷美威(くまがい・みのる) プロフィール

宮城県 生まれ。
クラウドサービスkintone活用の全国大会kintoneAWARDにて、2016年2017年と2年連続でクライアントを優勝に導く。
自身もサイボウズ社 「コンサルタント賞」を受賞。ITコンサルタント業を中心として【RPA】をはじめとするITの活用を教える講座や、ITコンサルタント育成講座など幅広い活動で業務効率化を推進。


<ごあいさつ>
サイボウズ社のカンタンWebデータベースkintoneを主軸に「業務管理」の仕組みづくり、「業務効率化」の推進をしています。
これは「人が効率よく働く」ための仕事に属する分野ですが、その過程で【見える化】が進み、RPAへと繋がっていく事例が多くあります。

是非、一度気軽に「効果測定診断」にお申込みください。
もちろん無料です。





「効果測定診断」 オンライン参加の方法

☆「パソコン」と「インターネット環境」があれば、どこからでも参加可能!

・無料のオンライン会議システム「zoom(ズーム)」でカンタン参加
メールでお送りするURLをクリックするだけでご参加可能!
※イヤホンマイクをご用意をお奨めします。

・「zoom(ズーム)」ならパソコン画面共有も可能!
同じ画面を見ながら話しが進められます。なので、あなたの画面を見せながら「この作業を自動化したい!」などのピンポイントでの相談が可能になります。





  


セミナー・イベントの様子をご紹介します。









アンケートのご紹介






申込フォーム

▼新しいウインドウが開きますので、そちらからお申込みください。